ドロップセックスに採用した成分

By | 2016年11月15日

ドロップセックスは1985年開発された女性専用の興奮剤です。ドロップセックス数滴たけで女性の目がとろけ、口説く手間が省ける!有効率は90%以上と言われています。ハイドログリセリンエキス、メチルパラベン、サチュアリージャホーテンシスなどの天然成分で作られ、副作用なく、セックスの感度を高める、性欲を上げることによく効く女性用興奮剤で、AV業界でも大ヒットになりました。これからドロップセックスの成分について紹介します。

ハイドログリセリンエキスは天然媚薬興奮起爆剤として有名な天然ハーブの濃縮エキスで、興奮作用を強力に引き起こしてくれます。気分を高揚させる効果もあります。

メチルパラベンは防腐剤として化粧品などに使われる添加物のひとつで、パラオキシ安息香酸エステル類(パラベン)の一種です。正式名称はパラオキシ安息香酸メチルです。抗菌力がありながらパラベンの中では肌への刺激が少ないと考えられているため、また急性毒性、眼刺激性など健康への悪影響も少ないのが特徴です。

サチュアリージャホーテンシスは女性の体液を調節、ホルモンの分泌を促進、免疫力をアップすることも期待できて、女性の更年期障害を延遅する効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です